監視カメラの故障に関して

2.監視カメラの修理について

監視カメラの調子が悪いときや、不具合が生じたときには、早い内にメーカーに問い合わせて
点検を行ってもらいましょう。
 
2-1.監視カメラの修理はどこで?
監視カメラが故障した場合は、「メーカー修理」や「購入した店舗での修理」、
「監視カメラを取扱う専門店での修理」が一般的
です。
メーカーから直接購入した場合は、メーカー保証などを適用させて無償修理が受けられることがあります。
 
また、購入した店舗では、独自の保証サービスを設けていることがあるため、
保証期間内であれば無償修理を受けられることがあります。
購入店に修理を依頼する場合は、その場で修理が可能な場合もありますが、
ご利用の機種によってはメーカー修理となる場合もあります。
 
そのほか、メーカーや購入店の保証期間外に監視カメラが故障した場合は、
監視カメラを取扱う「専門店」に修理を依頼することができます。
修理にかかる費用を事前に見積りをしてもらった上で、正式な修理依頼をします。
 
2-2.修理か?買い替えか?
故障した監視カメラの購入時期によっては、「修理をするか」、「買い替えをするか」で
悩むことがあるでしょう。
修理か買い替えで迷った時には、以下のポイントを参考に判断するのも一つです。
 
高額な修理費用が掛かる時には「買い替え」をした方が、コストを抑えられることがあります。
新しい機種は未だ価格が高いこともあるため、今現在使用している機種と同等の性能や機能を持つ機種があれば
買い換えを考えても良いかもしれません。
 
故障箇所を確認してもらい、修理費用がそれほど掛からない部分的な故障であれば「修理」がおすすめです。
監視カメラやデジタルレコーダー一式を買い換えるには、高額な費用がかかるため、
修理費用がそれほど掛からないのであれば修理だけで十分といえるでしょう。